前歯が出ているのが、気になるのですが。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)出っ歯とも呼ばれています。
  見た目に上の前歯が前に突き出ている症例

見た目には上の前歯が下の前歯より著しく前方へ出ている様な状態を言います。上下のくちびるを合わせた時に、下くちびるのより2〜3センチの所に梅干の様なしわが出来るようなら、いわゆる「出っ歯」を疑ってみてください。

しかし同じ出っ歯でも

  1. 骨格的には問題がありませんが歯に問題のある場合
    上の前歯が正常な位置より極端に前方に突き出している
  2. 上下の骨格的の前後的な位置関係に問題のある場合
    イ)上の「あご」自身が前方に飛び出している
    ロ)下に「あご」自身が後ろに後退している
  3. 骨格的な問題と、歯の問題を同時に持ち合わせている症例などがあります。

特に注意を要するのが2.の骨格的な要素によってなった「いわゆる出っ歯」です。つまり成長を十分利用するのがこの問題を解決する最良の方法だからです。小学校4年生頃にはぜひ専門医に相談ください。成人の場合は、成長が利用できませんので、一部の歯を抜歯することにより骨格的な問題を補わざるを得ません。

早期治療により良好な結果が得られた症例1
治療前
前歯の「でこぼこ」と出っ歯で「お口」が自然にきちっと閉まらない事が気になって来院されました。検査の結果、「でこぼこ」の改善、口が自然に閉鎖出来るように、口元の改善を治療の目標に致しました。その為に上下4本の抜歯を行い治療を致しました。
 
 
治療後
治療後3年目の「歯ならび」と口元の状態です。顔貌の変化を見てください、すっきりした口元、調和のある顔、きれいな「歯ならび」が得られました。いろいろな問題点を改善すれば写真の様な「本来自分の持つ美しい顔と表情」を改めて取り戻す事が出来るということです。その問題点を改善する為に時には抜歯処置という処置が必要になることがあります。

早期治療により良好な結果が得られた症例2
治療前
治療後

成人でやむなく抜歯を行い改善した症例1
「咬み合わせ」が深く、下の前歯が見ないこと、奥歯もずれておりよく咬めない、そして出っ歯が気になることを主訴に来院されました。検査の結果、前歯の「咬み合わせ」が深すぎるために、下の「あご」が後ろに追いやられ、いわゆる出っ歯になっている事がわかりました。
そこで健康の為に奥歯の「咬み合わせ」の改善、口元の前突感の改善、前歯の深い「咬み合わせ」の改善を目的に治療いたしました。上下4本の抜歯を行い治療を致しました。
治療前   治療後

希望通り顔貌が改善され「お口」も自然に閉めることが出来るようになりました。奥歯の「咬み合わせ」も良くなりました。同時に前歯の上下の「咬み合わせ」も下の歯が見えるように改善されました。いろいろな問題点を改善すれば写真の様な「本来自分の持つ美しい顔と表情」を改めて取り戻す事が出来るということです。その問題点を改善する為に時には特に成人の場合抜歯処置という処置が必要になることが多いです。抜歯により得られた空隙を利用する事により、多くのことが得られた症例です。

成人でやむなく抜歯を行い改善した症例2
治療前   治療後

早期治療に戻る>>

 

はなわ矯正歯科クリニック(葛飾区青戸/京成電鉄 青砥駅徒歩2分) 無料相談&インターネット診療予約受付中!